顔を効果的に瘦せるなら|フェイスリフトで失敗しないために

手術でリフトアップ

看護師

術後のダウンタイム

フェイスリフトは顔の老化に悩む人にとって憧れの手術です。いまは美容医療の研究が進み、失敗のリスクなしでシワわたるみをなくす方法が沢山あります。サーマクールやウルセラなどのプチ整形ならダウンタイムや失敗がなく、費用もフェイスリフト手術よりお手頃です。しかし、手術をしないプチ整形のシワ取りは、効果がいまいちわかりにくいことがあります。シワが深くなってくるとプチ整形だけでしっかりリフトアップするのは、まず不可能です。フェイスリフトは深いシワもしっかりリフトアップできる、究極の若返り法です。手術なので失敗するリスクを心配して躊躇する人もいますが、フェイスリフトの名医にしてもらえば失敗なしです。フェイスリフトをしたあとは、どんな人でもダウンタイムがあります。手術直後から一週間くらいは、強い腫れが続きます。血行が良くなると腫れが長引くので、腫れている間は入浴・サウナ・岩盤浴などは厳禁です。手術から一週間後に抜糸があり、抜糸をしたあとから徐々に腫れが収まっていきます。腫れ具合については個人差があり、ほとんど腫れない人もいるそうです。それは個人の体質、術後の過ごし方、執刀した医師のスキルによって左右されます。一般的に腫れがすっかり引いて若返りを実感できるのは、手術をした1カ月後ぐらいからです。すっかり落ちついたら、定期的にサーマクールやウルセラをしたり、自分で美顔器を使ったりするとリフトアップ効果を維持できます。